日本葬送文化学会は葬送に関わるすべての事象の研究を目的に設立されました。

日本葬送文化学会

ニュースリリース

4月定例会のご案内

2016.03.30

4月定例会のご案内
【講演会】『葬送、御遺骨の扱い』

日時:平成28年4月21日(木曜日) 午後6時30分~午後8時00分
会場:東京文化会館4階 会議室
〒110-8716 東京都台東区上野5-45 Tel 03-3828-2111 JR上野駅 公園口正面

講師:深澤 芳次(日本葬送文化学会 常任理事)
  石の声株式会社社長
  有限会社 いし社長
  山梨県石材技能士会会長
  全国石材技能士会理事
  http://ishinokoe.co.jp/

講演概要:
立派な葬儀を執り行い、ありがたい戒名をいただいて、目を見張るようなお墓を建てたとしても、実際に御遺骨を納める納骨室を見たことのある人はどれだけいるだろうか? めったに見ることのない納骨室、そこは浸水し、骨壺が倒れ、遺骨が散乱していることも珍しくない。
大切な遺骨を納める、供養するための場所であるはずの墓が、これでよいのだろうか。私は見過ごすことはできず、これまでいろいろと考え、取り組んできた。
このような現状を生んだ大きな要因は『墓地、埋葬に関する法律』にあると、私は考えている。戦後間もない昭和23年に制定された法律の目的・めざしたものと、現代社会のさまざまな環境や技術・システムと齟齬について、いくつか問題点を整理して述べてみたい。
また、「遺骨を自然に還す」という私の持論から開発した葬法を紹介させていただくとともに、これからのお墓、憲法が保障する『信教の自由』にもとづく墓地・霊園のあり方についてもお話ししたいと考えている。

Page Top