日本葬送文化学会は葬送に関わるすべての事象の研究を目的に設立されました。

日本葬送文化学会

ニュースリリース

第13回定期総会が開催されました

2015.05.29

5月22日に、上野の東京都文化会館において第13回定期総会が開催されました。29名が参加しました。会場は改修工事のため約一年間閉鎖されておりましたが、当会としても久しぶりの利用になりました。本年は役員の改選期であり、新任の長江曜子会長より所信表明演説をいただきました。

アメリカのデューク大学よりアン・アリソン教授(文化人類学)がオブザーバー参加されご挨拶いただきました。現在日本文化を研究されていて、永代供養、エンディングノートなど新しい葬儀の形について情報収集されているそうです。

第2部は、今年の3月にラオス政府に宮型霊柩車を寄贈した荒木由光氏と、贈呈セレモニーに同行された八木澤壯一先生より、ラオスの葬送文化について報告をいただきました。数多くのスライド上映により、詳しく説明していただきました。

 

Page Top