日本葬送文化学会は葬送に関わるすべての事象の研究を目的に設立されました。

日本葬送文化学会

ニュースリリース

新刊 これからの「葬儀」の話をしよう 瀧野隆浩

2018.08.30

korekara

瀧野隆浩氏の新刊です。瀧野氏は本会会員で、前会長の長江氏が監修しています。
http://amzn.asia/d/cySNtnB (通販サイト・アマゾンへのリンクです)

 

内容紹介
特殊清掃・孤独死・引き取りを拒否される遺骨……
葬儀・お墓の現場から明らかになる、
現代日本社会の「もうひとつの真実」とは?
「葬儀なんてめんどくさい」
「お金がかかるからやりたくない」
「ひとりだから関係ない」
そんな現代人でも、最低限知っておくべき、お墓・葬儀の最新事情!
特殊清掃、IT&宇宙葬、散骨、改葬、ゆうパック遺骨引き取りサービスなど
葬送をめぐる環境は、平成のあいだに、私たちがしらないところで、
いつのまにか激変していた。
日本人のほとんどが核家族や単身世帯となったら、お葬式はどうなるのか?
増え続ける無縁墓、孤独死、引き取り拒否される遺骨の姿は、
現代の私たちが、いかに孤独な生き方を強いられているかのあらわれとも言える。
かつてのお葬式は、地域コミュニティ、もしくは会社がやってくれるものだった。
いまではすべてが自己責任。そうなると、少しでもお金がかからないことが求め られる。
その結果、人間の命の尊厳まで、デフレ化してしまった。
生と死を見つめる防大卒記者と、世界45カ国の墓地を旅した「お墓博士」による
異色づくめの「終活2.0」ガイドブック!

〈目次〉
第I章 特殊清掃の現場から
第II章 無縁社会とお墓
第III章 いつから火葬になったのか~日本葬送史
第IV章 葬儀が自己責任になるまで~平成の葬送大激変
第V章 世界のお墓から~「お墓博士」の葬儀よもやま話(長江曜子)
第VI章 「つながり」としての葬儀
第VII章 これからの葬儀

Page Top